排卵検査薬の陽性はどこで判断できる?

ワンステップ排卵検査薬の正規品を通販するには?

結果に関わるのはテストライン

排卵検査薬には、テストラインとコントロールラインという二つの線があります。

  • コントロールライン:検査ができているか判断するライン
  • テストライン:陰性か陽性かを判断するライン

最低限表示されないとけないのは、コントロールラインの方であり、もしも、表示されなければ、うまくテストできていないのでやり直しという事です。

コントロールラインは、尿を浸す排卵検査薬の先端から、テストラインを超えた先にあるのが普通なので、テストラインは、尿を浸す部分とコントロールラインの間に位置することになりますが、表示の有無、もしくは、色の濃淡で陰性か陽性かを判断します。

これは、アナログなタイプの排卵検査薬の一般的な検査結果の表示方法ですが、ここが、使い方のネックとなる部分でもありました。というのも、テストラインに表示される色の濃淡で結果が曖昧になりがちだからです。

排卵日が近くなり、試しに検査してみるとうっすらと色が表示されたたとします。でも、まだ排卵予定日まで2日以上あるハズだったりすると、チェックしている予定からズレるなんて事もあり得るのです。

でも、事実、ラインは表示されている…。

そうなると、この結果が本当に陰性なのか、それとも、陽性なのか判断が難しい場合も少なくありませんが、これが、アナログタイプの排卵検査薬ではよく起こる事でした。

その点、ワンステップ排卵検査薬クリアは、そうした曖昧さを改良し、テストラインがほかの排卵検査薬では陰性となるような薄い場合でも、うっすらと表示された時点で陽性という結果になっています。

製品の名前通り、結果がクリアになっているのです。
なので、デジタルタイプとほぼ同じように、結果が白黒ハッキリするという事です。

もちろん、デジタルタイプの排卵検査薬を使えば、陰性か陽性かの判断もより確実なものとなりますので、もしも、惑わされたくないというのなら、少し値段が高くなるもののデジタルタイプの方が良いと思います。

でも、安さも維持しつつできるだけ明確な検査結果をと考えるなら、ワンステップ排卵検査薬クリアでも十分対応できるのではないでしょうか。