卵子が作られる仕組み

ワンステップ排卵検査薬の正規品を通販するには?

妊娠初期に卵祖細胞から作られる

毎月の排卵で出てくる卵子は一つですが、元々の数からすると実に700万個以上もの卵子が作られるそうです。これは、妊娠初期(生まれる前)に遡るのですが、ここで登場するのが卵祖細胞というもの。

この卵祖細胞によって、卵子の元となる細胞(原始卵胞)がおよそ700万個位ほど作られるという事です。

でも、ここから数が一気に減少していきます。
胎児(女の子)の成長に合わせて卵祖細胞が無くなると、ここで、卵子となる細胞の生産がストップしてしまいます。

そこから、胎内にいる段階で数が減らされ、女の子が生まれてくる頃には、その数が200万個ほどになってしまうそうです。

このように、胎内に居る段階で実に3分の1以下となってしまうのです。
更に、年齢を重ねるにつれて数が減らされ、思春期となる頃には、およそ20万個まで数を減らしてしまいます。

卵子は、生まれた頃から数が決まっているという話は、何となく覚えている人も居ると思いますが、こんなにも数が減っていく事に驚きます。

では、この中から一月にどの位の卵子の元が育ち始めるのかというと、その数は、1,000個ほどだそうです。

これは、毎月選ばれる卵子とは無関係なので、閉経の年齢とは結びつかないそうですが、こういう事も少しずつ知っておくと、自分の卵子の状況をもっと身近に感じられるかもしれませんね。