30代後半は卵子の健康状態に注意

ワンステップ排卵検査薬の正規品を通販するには?

年齢とともに成長が悪くなる

30代後半の年齢に差し掛かってくると、卵胞の成長が悪くなりやすい事も十分に考えられます。というのも、卵子は年齢とともに、老化する事が明らかとなっているからです。

そもそも、卵子は、胎児の頃に作られた細胞(卵祖細胞)です。
卵子の元となる卵祖細胞は、女の子が胎児の頃に作られ、この時に作られたものが一生分なので、生まれてからは、数を減らしていく一方となります。

  • 胎児の頃:およそ700万個
  • 生まれる頃:およそ200万個
  • 初潮の頃:20万個

卵祖細胞は、減数分裂と言って次第に数を減らしていきます。
毎日、この繰り返しで生き残った卵子だけが、将来的な排卵に繋がる可能性を持っているという事がわかると思います。

卵子も毎日のように選ばれては消えてを繰り返し、最終的に残ったものが卵子となる可能性があるというように、競争を勝ち抜いて排卵に至ります。

また、卵祖細胞が原始卵胞へと成長していく数は、一日に30個~40個ほどと言われています。生理周期ごとではなく一日ごとにです。今こうしている間にも毎日繰り返して、原始卵胞が起きて成長していくワケです。

これが、若い頃なら、新しい卵胞を作る成長もスムーズに行われていますが、年齢を増すごとに、原始卵胞も時間が経過した古いものが使われる事になります。

それだけ長い間、卵巣の中にあり続けたという事は、あなたの年齢+一切が卵子の年齢となります。

こればかりはどうしても逃れられない事実なのですが、だからと言って、20代に妊娠した場合と30代で妊娠した場合とで比べたとしても、若い頃の方が卵子の質が良いかどうかは関係ないそうです。

たまたま、その時に成長の良かった卵胞(卵子)が選ばれただけらしいですが、質とは無関係でも年齢とともに成長が悪くなるのもまた事実なようです。

年齢が上がるにつれて、最終選考へと選ばれる可能性のある卵子が減って行くのは事実なので、妊娠に取り組むなら一日でも早い方が良いという事に変わりありません。