多膿疱性卵巣や子宮内膜症とは?

ワンステップ排卵検査薬の正規品を通販するには?

陽性なのに無排卵で疑われる症状

排卵検査薬は、排卵の一定時間前になると濃い陽性反応を示すことで、排卵が近いことを教えてくれる仕組みとなっています。大抵は24~36時間前ですが、早いものだと2、3日前から陽性を示すことがあるようです。

中には、濃い陽性反応が出たのに排卵が起こらなかった、つまり無排卵だったケースも一定数あるそうですが、なぜそのようなケースが生じるのでしょうか?

個人的には、「排卵検査薬が不良品だったんじゃ?」と思ったのですが、どうもそうではないみたいなんです。なんでも、排卵検査薬が排卵を予測するために感知する黄体形成ホルモンが、排卵期に入ることで一応は増加するものの、結局のところ排卵には至らないという症状の病気があるようです。

具体的な病名としては、多嚢胞性卵巣(卵巣の中で卵胞は育っても排卵が起こりにくい病気)や、子宮内膜症(子宮内膜が子宮外にも生じる病気)が挙げられるそうです。

どちらも、重度になると不妊の原因にもなり得る病気ですから、放置しておかない方が良さそうですね。排卵検査薬で陽性が出たのに無排卵だったというケースが何か月も続く場合は、どちらかの病気である疑いが強いとのこと。

ワンステップ排卵検査薬を販売しているドクターズチョイスは、多嚢胞性卵巣や子宮内膜症などにも有効とされる成分であるグリスリンやピクノジェノールが高配合のサプリメント、他にも、オーガニックのレモンから採取した葉酸のサプリメントなどもありますので、女性の強い味方となってくれのではないでしょうか。