更年期障害はエストロゲンの不足?

ワンステップ排卵検査薬の正規品を通販するには?

不足ではなくバランスの乱れ

更年期障害は、女性ホルモンのバランスが乱れる事で体の色々な機能にエラーが起こる症状の事とされていますが、自覚症状として、めまいや肩こり、頭痛、ホットフラッシュ、急な動悸、不眠、イライラや鬱などがあり、とにかく気分が落ち着かない事があります。

その原因は、加齢に伴い女性ホルモンの分泌が減る事、特にエストロゲンの分泌不足と言われてきましたが、実は、少し違うようです。

もちろん、エストロゲンの分泌が減るのは事実なのですが、原因はそれだけではなく、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンも減ってしまい、そのバランスが乱れている事が原因として大きいようです。

加齢とともにエストロゲンの分泌が減ってきますが、それよりも急激にプロゲステロンが減ってきます。

すると、両方の分泌量に差が生じてしまい、この差がいわゆる更年期障害を引き起こしているのではないかと言われいます。

なので、治療方法も今までのように減ってしまったエストロゲンを補うのではなく、エストロゲンとプロゲステロンの割合を近づける事で改善に繋がるとされ、プロゲステロンの補給を処置する場合も増えてきていると聞きます。

実際に、プロゲステロンのクリームなどが更年期障害の対策用品として販売されていて、使用者の中には、「塗ったらすぐ気分が落ち着いた」というような感想を持っている場合もあるそうです。

また、若年性更年期障害の原因が女性ホルモンのバランス乱れの場合にも用いる事ができるようですが、この場合は、妊娠できなくなる事もあるそうなので、使える場合とそうじゃない場合がある事に留意しなくてはなりません。