排卵検査薬の価格を比較

ワンステップ排卵検査薬の正規品を通販するには?

日本製と価格を比較してみたら安かった

  • 「日本で売られている排卵検査薬は、なぜ高い?」
  • 「薬局に行っても置いてなかったりして結構面倒・・・」
  • 「海外なら中国製は安いけど検査結果が曖昧・・・」
  • 「安いと沢山使えるけど、その分、性能が・・・」

排卵検査薬を選ぶ場合、価格や感度、性能面など何かと気になる部分があり、バランスの取れているものが中々無い気がします。

そんな中でも、ワンステップ排卵検査薬クリアが人気となっていますが、その理由は、価格の割に性能が良いというコストパフォーマンスのようです。

この中に細くて薄いテストスティックが一本入っているのですが、この大きさで束ねてあると折れたりする心配は少なそうですね。

このように1本1本個別包装にしないと、空気中の水分を吸ってしまい検査薬が使えなくなったり正確な検知が出来なくなることもあるようです。

>>ワンステップ排卵検査薬の直営店サイトはこちら

ワンステップ排卵検査薬と日本製品の単価

  • 「ワンステップ排卵検査薬は安くて人気だけど、本当に安い?」
  • 「意外と同じくらいで、そんなに変わらないんじゃないの?」

正直、そんな風に思っていたので、日本製の排卵検査薬、海外製で評価の高いクリアブルーなども含めて一通り調査して、それぞれの単価を出してみました。

比較してみると安さが一目瞭然。

【排卵検査薬の価格比較】

商品名 価格 個数 単価
ワンステップ排卵検査薬 200回セット 13,800 円 200 枚 69 円
ワンステップ排卵検査薬 100回セット 7,900 円 100 枚 79 円
ワンステップ排卵検査薬 50回セット 4,300 円 50 枚 86 円
ワンステップ排卵検査薬 20回セット 1,960 円 20 枚 98 円
クリアブルー イージーデジタル排卵検査薬 20本入り 9,580 円 20 本 479 円
クリアブルー イージーデジタル排卵検査薬 10本入り 5,880 円 10 本 588 円
新ドゥーテストLH 2,916 円 7 本 417 円
p-チェック・LH 3,780 円 7 本 540 円
チェックワンLH・Ⅱ 2,200 円 5 本 440 円
チェックワンLHデジタル 2,800 円 5 本 560 円

更に、同一店舗で取り扱いがあるクリアブルーイージー、そして、日本の製薬会社から出されている四つの排卵検査薬を比較した結果です。

やっぱり、ワンステップ排卵検査薬は安いです。

20回セットだと100 円近くするので、また、ちょっと高い気がしますが、200回セットなら70 円まで下がるので、まあ、この位なら枚数気にせず使えますね。

ワンステップを1本70円として日本製を1本500円とした場合、7回分にもなると考えるとその差は大きいです。

それにしても、クリアブルーが高い印象があります。

これは、クリアブルーイージーのデジタルタイプなので、性能を考えるとこの位の価格になるのは仕方ないかもしれません。ニコちゃんマークで陰性か陽性かをハッキリ表示してくれる機能がありますから。

ワンステップ排卵検査薬クリアにも有ります。

最新バージョンは、少しでもラインが表示されれば陽性になるようになっているんです。つまり、クリアブルーイージーデジタルと同じ機能をアナログ的に使えるという事です。

ワンステップとクリアブルーをセットで使うと賢い?

「普段はワンステップで大事な時にクリアブルー」というような使い方に合わせて、ワンステップとクリアブルーのセットもありました。もしも両方欲しいなら、セットで買うと単品より安いです。

セット内容 価格 通常総額 割引価格
ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬100回分
+クリアブルーイージーデジタル排卵検査薬20回分
15,600 円 17,480 円 1,880 円安い
ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬100回分
+クリアブルーイージーデジタル排卵検査薬10回分
12,200 円 13,780 円 1,580 円安い

安く高感度のワンステップを普段使い。

排卵日が近くなったら、気兼ねなく使えるコチラをトイレに行く度にチェックして、LHサージがいつから始まったかを把握すれば、時間のズレも出来るだけ抑える事が出来ます。

ここぞという時に、クリアブルーでチェック。

(本当は、毎日使いたいけど値段が高いから)感度がやや高めに設定されていて、陰陽の判定がハッキリ明確なクリアブルーイージーで陽性反応が出れば、決め手になります。

改良版が販売開始されました

以前のバージョンは、”LH検知の正確性99%。感度は、25mIU/mL”でした。

更に、改良版のワンステップ排卵検査薬クリアは、20mIU/mLと感度をアップしより早くLHサージを検知できるようになっています。

その上、テストラインが薄くても表示された時点で「陽性」の検査結果に改良されているとのことです。

今までのように、「うーん、これは、ライン出てる?それともそう見えるだけ?ヤフー知恵袋で使ったことのある人に相談してみようかしら・・・」と曖昧な結果に困惑する事も無くなると思います。

テストラインの表示もわかりやすく、中国製のような曖昧さも無く測定結果がわかりやすくて安心です。

消耗品の検査薬は多めに用意で安心

  • 「何枚入りのセットにすれば良いかな?」
  • 「20枚で足りる?100枚じゃ多すぎる?」

20枚で十分に足りる人もいれば、100枚でも足りない場合もあるものです。

不妊治療が長引くことを考えると、多めに買っておいても損はありませんが、それだと何となく長引くことが決まっているようで嫌ですよね。

実際にワンステップ排卵検査薬で売れているのは50回セット。

まずはこのくらいで試すのが丁度良いと思います。

後は、感度が身体(LH濃度)にマッチするかどうか。

中でも、普段から水分を多めに摂っていたり、コーヒーを飲むことで利尿作用が促されて尿に含まれるLHの濃度が低くなってしまったり、ワンステップ排卵検査薬の感度が良いから検知されやすい場合もあるようです。

反対に、普段からLHが高めの人は、排卵日が近くないのに陽性反応が現れやすくなるようなので、バージョンアップして感度が良くなったのが、反対に改悪になってしまう事もあります。

この辺をしっかり把握していれば、多めでも良いと思いますが、試しに使ってみる程度なら、最初は、20枚が良いかもしれません。

購入方法

ワンステップは、取り扱いがドクターズチョイスの直営店のみです。

購入できる場所も決まっていて、妊娠お助け隊(直営店の妊娠関係の専門サイト)のみなので迷いません。

販売しているサイトが多いと価格を比べてしまったり、中には、安いと思ったら偽造品なんていうリスクも少なからずありますが、ドクターズチョイス直営店でのみなら、それも無く安心ですね。

尚、トップページからアクセスする場合は、検索窓に打ち込んで探さないと出てこないようです。

試しに検索してみたら、「ワンステ」では出てきません。

「排卵検査薬」でも出てきません。「ワンステップ」なら出てきます。ちょっと面倒なので、下記リンクからなら直接ページを開けます。