陽性なのに排卵してない場合もある?

ワンステップ排卵検査薬の正規品を通販するには?

「排卵検査薬で陽性なのに排卵しない…」

このような場合は、多嚢胞性卵巣症候群の可能性があるようです。

多嚢胞性卵巣症候群とは、卵巣の皮膜が通常よりも厚くなってしまい卵子が排卵しにくくなっている状態の事です。すると、排卵できずにある程度の大きさに成長してしまった卵胞がいくつもできてしまう事があるそうです。

という事は、慢性的にエストロゲンの濃度が高い状態です。

本来は、卵胞が成長するにつれてエストロゲンの分泌量が増えて血中濃度が高くなると、LHサージが起こり排卵され、卵胞は、黄体へと変化します。

でも、それが行われず、中途半端に成長した卵胞が増えるのでどうしてもエストロゲンの血中濃度が高くなりやすいのです。すると、視床下部では卵胞が十分に成長したと判断し、視床下部に、LH(黄体形成ホルモン)の分泌を促すので、陽性となってしまいます。

実際には、排卵に至る大きさにまで成長している卵子が存在しないのにです…。

でも、初めて排卵検査薬でチェックしてみると排卵日予測に合うタイミングでLHサージが確認できて、多嚢胞性卵巣症候群ではないと判断してしまう場合もあるようですが、次の排卵日に向けて行ってみたら、ずっと陽性になってしまい気づく事もあるようです。

なので、排卵日の前後以外でチェックしてみて陽性となる事が多いようであれば、多嚢胞性卵巣症候群となっている事も考えられるので、排卵をコントロールする治療を受けるなどが必要となってくるようです。

サプリメントでは、ピクノジェノールという成分が多嚢胞性卵巣症候群の改善に期待されているのですが、同時に、生理を軽くしたり、おりものが軽くなったりにおいが軽減する事もあるようなので、気になる場合は、ピクノジェノールについて調べてみるのも良いかもしれません。