20代と30代で卵子の何が変わる?

ワンステップ排卵検査薬の正規品を通販するには?

細胞分裂がうまくできなくなってくる

今では、30代後半で出産するケースも増えているので、社会的に考えれば、「まだ30代は子供が生まれるチャンスが豊富」と感じがちです。また、ジャガー横田さんように、初産が45歳という高齢でも大丈夫だったというのも励みになるものです。

確かに、ジャガー横田さんのように無事に出産までたどり着いたので良かったものの、そこに至るまでには、体外受精の不妊治療や子宮筋腫など、色々と乗り越えない壁があり大変だったそうです。

年齢が上がるにつれて、簡単にいかない事が増えてくるのはやむを得ません。
とくに最近では、卵子老化という言葉が聞かれる事も増えてきましたが、20代と30代とでは、この卵子の細胞質に違いが出てきてしまうそうです。

普通に考えてみても、10年の違いがあれば、その分、体も老化するのと同じように、卵祖細胞も老化するというのは、どうしようもできない事。

では、卵子の細胞質が古くなると、どんな問題があるのでしょうか?
細胞分裂がうまくできずに染色体の本数に異常が起こりやすくなります。

染色体の本数に異常が出るという事は?
不妊や流産、染色体異常が起こるので、ダウン症などのリスクも高くなるという事に繋がっていきます。

ヒトの細胞には、通常23種類の染色体が2本ずつあります。
つまり、合計で46本の染色体です。

ですが、もしも精子と卵子がそれぞれ46本の染色体を持っていて受精してしまうと合計で92本となってしまうので、あらかじめ精子も卵子も染色体の数を半分に減らしておく必要があります。

簡単に考えれば、23本セットの染色体の1セットを外しておくという事ですが、卵子が目覚めて細胞分裂(減数分裂)しても、染色体の数をうまく減らす事ができないというのが、高齢で増えやすくなるという事のようです。

加齢に伴う出産には、色々と状況が変わってきてしまうのは、どうしようも無いですが、自然妊娠に任せて2年3年と時間がかかるよりは、排卵検査薬など上手に活用して、タイミングを合わせる事も年齢的なリスクを減らす上では必要な事なのかもしれません。