先進国は出生率が低い傾向らしい

ワンステップ排卵検査薬の正規品を通販するには?

医療の充実した先進国ほど出生率が低くなっている

今の日本では、多くの女性が不妊に悩んでいる現状があります。
中には、不妊治療に数百万円の医療費をかけても子供に恵まれないなんてケースも少なくないと聞きます。

医療が充実し、食べ物にも困らないような恵まれた環境なのに、なぜ子供ができないのかと思うと、ここは、先進国ならではの問題があるそうです。

特に日本は、主要な先進諸国の中でワーストワンとなるほど出生率が低下し、反対に全人口の死亡率は、トップワンとほぼ変わらない2位でした。

なぜ、こんな事態となっているのでしょうか?

その原因となっているのが、出産年齢の上昇。
女性が出産適齢期を迎えても働くようになり結婚が遅れて出産の年齢が上昇するにつれて卵子の健康寿命も落ちてしまい、未成熟となるケースが増えるそうです。

皮肉な事に、女性が男性と対等な立場を求め働ける環境は増えたものの、反面、晩婚化が進み出産が遅れてしまうという社会問題が生じているのが現代です。

その点、中国やインド、アフリカなど、日本と比べて決して環境が良いと思えない貧困の続く地域では、どんどん子供が生まれ人口上昇を引き起こしています。

この事実を踏まえると、医療環境がいかに充実しているか、貧しいかどうかは、それほど影響が無いように思えます。

また、食べるものに関しても、むしろ制限されていた方が子供ができやすいのではないかと考えざるを得ませんが、実際に、何年も不妊治療で子供ができなかったカップルが断食道場へと通い食生活を見直したところ、その後まもなく子供を授かったという情報もありました。

それが、どの人にも当てはまるとは言えないかもしれませんが、いろいろなものが充実した結果、なんでも追加する事を前提としている先進国よりも、限られたもので生活している後進国の方が出産に関しては、進んでいるのかもしれません。